2017年11月07日

マリア・カラス変奏曲〜名盤を通して知る大芸術家〜から 11歳の「蝶々夫人」と25歳の「清教徒」

「マリア・カラス変奏曲〜名盤を通して知る大芸術家〜」(NHK-FM 12月26日(木)放送)から抜粋


2013年12月、20世紀を代表する偉大なソプラノ歌手、マリア・カラス(1923-1977)が生誕90年を迎えます。
圧倒的な歌唱、卓越した演技力、そして奔放なプライベート...。死後30年を経て今なおカラスの存在感は衰えを知らず、現在でも数多くの録音や映像の記録によって人々は往年のカラスの声と姿に接しています。
しかし、カラスが歌唱力の絶頂期にあったのはわずか10年間と言われています。40代の前半にはオペラの表舞台から去り、その後わずか10年、1977年に53歳の若さでカラスは亡くなってしまいます。超絶的なレパートリーによる喉の酷使、そして奔放な私生活による精神的な疲労がカラスの歌手生命を縮めてしまったのです。その人生は、彼女が演じた多くのプリマがそうであるように、あまりに劇的でした。
生誕90年を記念して、マリア・カラスの人と芸術をあらためて見つめる「マリア・カラス変奏曲」を放送します。
「ギリシャ移民」「寄生虫ダイエットの真偽」「大富豪との不倫」「ノルマ・ルチア・トスカ」「自殺未遂」「毒殺説」...こうしたキーワードを読み解きながら、マリア・カラスをテーマ(主題)にさまざまに織りなされる「マリア・カラス変奏曲」をじっくりとお送りします。


引用:《第1変奏》「歌に生き、愛に生き〜伝説のソプラノ、マリア・カラスの肖像〜」

http://www.nhk.or.jp/classic-blog/100/176050.html


マリア・カラス:11歳の「蝶々夫人 ある晴れた日に」
                        25歳の「清教徒 おお、私に希望を返して下さいませ」




posted by classicfan51 at 09:29| 茨城 ☀| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

今日は一日 “ヴェルディ” 三昧(2013年10月14日)より ゲスト・トーク(3) ドナルド・キーン

今日は一日“ヴェルディ”三昧


【司 会】堀内修、久保田祐佳
【ゲスト】檀ふみ、玉木正之、ドナルド・キーン



3.三人目のゲスト:ドナルド・キーン

ドナルド・キーン 写真
ドナルド・キーン 日本文学研究者。古事記から三島由紀夫に至る文学通史「日本文学の歴史」全18巻を25年がかりで結実させた日本文学研究の第一人者。1922年、ニューヨーク生まれ。戦後日本文学を学び、53年京都大学に留学。55年からコロンビア大学で教べんを執る。留学中から三島由紀夫や安部公房らと交流を深める。2008年、文化勲章を贈られる。主な著書に、「日本人の西洋発見」、「明治天皇」、「百代の過客」、「ドナルド・キーンの音盤風姿花伝」ほか多数。

  3.1 ご自宅訪問
 

  3.2 特に思い出に残る公演:ドン・カルロ


  3.3 オテロについて


  3.4 シモン・ボッカネグラとマリオ・カラスについて

歌劇「シモン・ボッカネグラ」から「娘よ、その人の名を呼んだだけで胸がおどる」 / バリトン:ローレンス・ティベット ソプラノ:ローズ・バンプトン 指揮:ウィルフリード・ペレティアー

ドナルド・キーンさんは、総督シモン役のプラシド・ドミンゴのことをお話になっておられますので、下記の動画をオペラ聴き比べとして掲載します。

◇オペラ聴き比べ シモン・ボッカネグラ 第1幕「貧しい家のいやしい女が・・・娘よ、その人の名を呼んだだけで胸がおどる 」:2010年 プラシド・ドミンゴ(1941.1.21スペイン) & アニヤ・ハルテロス(1972.7.23ドイツ)ミラノ・スカラ座管弦楽団、指揮:ダニエル・バレンボイム https://www.youtube.com/watch?v=lc888Z22t3M

【アメーリア】
粗末な家のみなしごでした
ひとりの貧しい老女が引き取ってくれたのです
あの海辺で
ピサの近くの...

【総督】
ピサに あなたが?

【アメーリア】
その敬虔な老女だけが
それだけが私の支えでした
私は天の怒りを感じました
彼女が私のもとから奪い去られた時には
彼女は震える手で
私に小さな肖像画を手渡してくれました
そこに描かれた絵姿は
私の知らない母だと言っていました
私にキスをし 祝福して
彼女は天を見上げ 祈り そして...
何度も私は彼女を呼びました
でも答えたのはただ こだまだけでした

【総督】 
(独白)
もしもこの希望が おお慈悲深い天よ
夢だったのなら!...私を滅ぼしてください
今 私の魂にほほ笑みかけているものが
消え去ってしまう前に!

【アメーリア】
まるで暗闇のように私に恐ろしい
未来はやってきたのでした!

【総督】
話して...あなたはそこで誰か他の人を見ませんでしたか?...

【アメーリア】
船乗りの男の人がよく訪ねてきましたわ...

【総督】
そして老女の名はジョヴァンナでは
あなたから運命が奪い去っていった老女の?...

【アメーリア】
そうです

【総督】
(胸から肖像画を取り出しアメリアに手渡す 彼女も同じようにする)
そしてその肖像画は こんな姿では?

【アメーリア】
同じものだわ!...

【総督】
マリア!...

【アメーリア】
私の名前です!...

【総督】
お前は私の娘なのだ

【アメーリア】
私が...

【総督】
私を抱いておくれ おおわが娘よ

【アメーリア】
お父さま、お父さまと私の心はあなたを呼んでいます!
あなたを愛するマリアを胸に抱きしめてください

【総督】
娘!...その呼び名に胸は高鳴る
天が私の前に開けたようだ...
言葉に表しようのない世界を
喜びをお前は私にもたらしてくれたのだ
この楽園の扉を やさしい
この父が開いてやろう...
私の冠の輝きは
お前の栄光となるのだ

【アメーリア】
お父さま、あなたは見るでしょう 孝行な
娘がずっとあなたのおそばにいることを
悲しい時には
涙を拭いて差し上げましょう...
私たちは喜びの隠れ家を持ちましょう
神さまだけがご存じの
私は愛らしい鳩となります
お父さまの宮殿の

(アメリアは父親に伴われて扉のところまで行き、建物の中に入って行く、総督は彼女が歩いて遠ざかって行くのをうっとりと見つめる)
日本語歌詞引用:「オペラ対訳プロジェクト」




歌劇「椿姫」から「あなたさま わたくしは婦人でございますよ」 / ソプラノ:マリア・カラス バリトン:フランチェスコ・アルバネーゼ 管弦楽:トリノ放送交響楽団 指揮:ガブリエーレ・サンティーニ

◇オペラ聴き比べ 椿姫 第2幕「ヴァレリー嬢ですか? 」:1994年 アンジェラ・ゲオルギュー(1965.9.7ルーマニア) & レオ・ヌッチ(1942.4.16イタリア)コヴェントガーデン王立歌劇場管弦楽団、指揮:ゲオルク・ショルティ 34:25〜 https://www.youtube.com/watch?v=WpTmUJO0fus

【ジェルモン】
ヴァレリー嬢ですか?

【ヴィオレッタ】
そうですが。

【ジェルモン】
アルフレードの父親です!

【ヴィオレッタ】
(驚いて、椅子をすすめる)
貴方様が!

【ジェルモン】
(座る)
ええ、あの愚か者の、貴女に魅了され
破滅に向かっている男の。

【ヴィオレッタ】
(気分を害して立ち上がる)
女性に対してそのようなことを、それにここは
私の家です。失礼させていただきます、
それはむしろ、貴方様のためです。

(出ようとする)

【ジェルモン】
「何たる言動!」 しかし

【ヴィオレッタ】
貴方様は勘違いされているようですね。

(戻って座る)

【ジェルモン】
息子は財産を、
貴女に贈ろうとしている。

【ヴィオレッタ】
今までそんな事はありませんでしたし、
そうとしてもお断りします。

【ジェルモン】
(周りを見て)
それにしても贅沢な

【ヴィオレッタ】
皆にはこの証書のことを
秘密にしていたのですが、
貴方様にはお見せします。

(書類を渡す)

【ジェルモン】
(素早く読む)
ああ!何ということだ!
貴女は全財産を
手放すおつもりですか?
ああ、過去はなぜ、なぜ貴女を非難するのでしょう?

【ヴィオレッタ】
(熱心に)
過去など存在しません。今はアルフレードを
愛しています。神も消してくれました、私の後悔の念で

【ジェルモン】
実に立派な心がけだ!

【ヴィオレッタ】
ああ、貴方様のお言葉は、
どれほど優しく響くことでしょう!

【ジェルモン】
(立ちながら)
その心がけを見込んで、
一つ犠牲をお願いしたい。

【ヴィオレッタ】
(立ちながら)
ああ、おっしゃらないで、
恐ろしいことに違いありませんわ、
こうなる予感がしていました、いらした時から、
あまりにも幸せすぎたのです・・・

【ジェルモン】
アルフレードの父として、
二人の子供の運命と、
未来のために頼むのです。

日本語歌詞引用:「オペラ対訳プロジェクト」


  3.5 トスカ マリア・カラスについて
 

  3.6 スカラ座 椿姫について

歌劇「椿姫」から「思い出の日から」 / ソプラノ:ティツィアーナ・ファッブリチーニ テノール:ロベルト・アラーニャ 管弦楽:ミラノ・スカラ座管弦楽団 指揮:リッカルド・ムーティ

◇オペラ聴き比べ 椿姫 第1幕「思い出の日から」:1994年 アンジェラ・ゲオルギュー(1965.9.7ルーマニア) & フランク・ロパード(1957.12.23アメリカ)コヴェントガーデン王立歌劇場管弦楽団、指揮:ゲオルク・ショルティ https://www.youtube.com/watch?v=SXZNX32E3ew

【アルフレード】
ええ 一年前からです。
ある日、幸せに満ちたように、
私の前に稲光のごとく現れたのです。
あの日以来私は震えながら、
未知の愛に生きてきたのです。
その愛はときめき、
全宇宙の鼓動、
神秘的にして気高く、
心に苦しみと喜びをもたらす。

【ヴィオレッタ】
それならば私を避けてください。
貴方には友情のみを差し上げます。
私は愛を知りませんし、そのような
尊い愛を受けることは出来ません。
正直に申し上げます。
他の人をお探しください。
そうすれば、私を忘れることは
難しくはないでしょう。

日本語歌詞引用:「オペラ対訳プロジェクト」

  3.7 シェークスピア


  3.8 ヴェルディオペラで最も魅力的な人は?


  3.9 一番思い入れのあるレコードは?


  3.10 キーンさんのお気に入りの曲:
         マクベス 第1幕「早く来て明かりをつけておくれ」マリア・カラス

歌劇「マクベス」第1幕から 「早く来て、あかりをつけておくれ」 / ソプラノ:マリア・カラス 管弦楽:北ドイツ放送交響楽団 指揮:ニコラ・レシーニョ

◇オペラ聴き比べ マクベス 第1幕「早く来て明かりをつけておくれ」:1958年 マリオ・カラス(1923.12.2-1977.9.16ギリシャ)フィルハーモニア管弦楽団、指揮:ニコラ・レシーニョ(オペラ対訳プロジェクト:イタリア語日本語歌詞対訳字幕付き)

第5場
マクベスの城の広間 他の部屋に通じている
マクベス夫人が手紙を読んでいる

【夫人】
「勝利の日に私が出会った者どもに...
聞かされたことには驚いた
それから王の伝令がやってきて告げたとき
コーダーの領主になると、予言がひとつ実現した
その同じ予言者が
私の頭上に王冠が輝くと予言しておる
このことは心の中に秘めておくように。それでは」
野心的な人です
あなたは、マクベス... 栄達には憧れている
けれど、あなたは悪になれるのかしら?
たくさんの悪事が導くのよ
権力へと、だけど深手を負ってしまう もしその途中で
よろめき 引き返したりしたら!
さあいらっしゃい!火をつけてあげましょう
あなたの冷たい心臓の中に!
そしてこの大胆な企てを成就するため
私はあなたに勇気をあげましょう
あなたに約束したのよ スコットランドの
王位を 予言者たちは ...
何をためらうの? 贈り物を受けなさい
王座に上り 君臨するのです

日本語歌詞引用:「オペラ対訳プロジェクト」

posted by classicfan51 at 09:23| 茨城 ☔| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

今日は一日 “ヴェルディ” 三昧(2013年10月14日)より ゲスト・トーク(2) スポーツライター玉木正之

今日は一日“ヴェルディ”三昧


【司 会】堀内修、久保田祐佳
【ゲスト】檀ふみ、玉木正之、ドナルド・キーン



2.二人目のゲスト:スポーツライター玉木正之

玉木正之 写真
玉木正之 スポーツライター、音楽評論家、小説家、放送作家として活躍。日本を代表する数々の雑誌や新聞各紙で連載コラム、小説、音楽評論、スポーツ・コラムを執筆。また、「玉木正之の“オペラ超入門 徹底解説講座”」などを通して、オペラの楽しさとすばらしさを伝えている。現在、横浜桐蔭大学客員教授、静岡文化芸術大学客員教授、石巻専修大学客員教授を務める。著書に、「スポーツ解体新書」「日本式サッカー革命」「ベートーベンの交響曲」ほか多数。



  ファルスタッフ 第1幕「この悪党め」

歌劇「ファルスタッフ」第1幕から「この悪党め」 / バリトン:ディートリヒ・フィッシャー・ディースカウ 管弦楽:ウィーン・フィルハーモニー管弦団 指揮:ナード・バーンスタイン

◇オペラ聴き比べ ファルスタッフ 第1幕「この悪党め」:2001年 アンブロージョ・マエストリ(1970イタリア)ミラノ・スカラ座、指揮:リッカルド・ムーティ 13:53〜 https://www.youtube.com/watch?v=kFDYgvZWKtg


名誉だと!
泥棒どもめ!お前らは自分の名誉に忠実なのか!
恥辱のゴミ溜めのくせに、いつでも俺たちが
名誉に忠実でいられる訳はなかろう。俺だって、ああ俺だって 俺だって時には、神への怖れを脇に置いといて
必要に駆られて名誉に目をつぶり 手を出して
計略やいかさまにな うまく乗り切り かわすこともある
なのにお前らは、そのボロ着で ねじけた
山猫の目つきと薄汚い笑いを浮かべながら
守ろうと言うのか お前らの名誉を!
何の名誉だ!その名誉は?
名誉だあ!ナンセンスだ!ふざけんな!
名誉で腹が膨れるか? いいや
名誉に折れた脛が直せるか?
無理だ
足は?ありえん 指は? 
できるものか 髪は? だめだ
名誉は外科医じゃないからな。
では何なのだ?ただの言葉だ
ではこの言葉の中に何がある?
虚ろに消え去るだけだ
結構な代物だ!
名誉は死んだ奴に理解できるか? できまい
生きている者だけに理解できるのか?
それも違う お世辞によって膨れ上がり
プライドによって堕落させられ
中傷によって腐敗させられているんだ
俺はそんな名誉は欲しくない!
いかん いかん いかん いかん いかん いかん!
しかし、お前らの話に戻ると、悪人どもめ
俺はあまりにも我慢しすぎてた お前ら叩き出してやる
おい! 急げ! 急げ!とっとと行け!
とっとと行け!絞首台がお前らにはお似合いだ
急げ! 急げ!とっとと行け!泥棒め!泥棒どもめ!
行け!こっから出てけ! こっから出てけ!

日本語歌詞引用:「オペラ対訳プロジェクト」



  オテロ 第2幕「ある夜のこと 神掛て誓う」

歌劇「オテロ」第2幕から「ある夜のこと」「神かけて誓う」 / テノール:マリオ・デル・モナコ バリトン:ティート・ゴッビ 管弦楽:NHK交響楽団 指揮:アルベルト・エレーデ

◇オペラ聴き比べ オテロ 第2幕「ある夜のこと・・・神かけて誓う」:2008年 アレクサンドルス・アントネンコ(1975.6.26ラトビア) & カルロス・アルバレス(1966.8.12スペイン)ザルツブルク音楽祭、ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団、指揮:リッカルド・ムーティ https://www.youtube.com/watch?v=lo8ObgijwYQ


【イアーゴー】
それはある夜のこと、カッシオが眠っておりました
私はその横に立っていたのです
途切れ途切れの声が明かしていたのです
やつの心中の歓びを
唇はゆっくり ゆっくりと動いていました
夢中になって
燃え立つ夢に、そしてそれから言ったのです
悲しげな響きで
そっと語りました
「愛しのデズデモナ!私たちの愛は秘めて置こう
慎重に気を配るんだ!天国のエクスタシーが
この身をすっかり満たしてる」
その甘美な悪夢はまだぼんやりと続いて行きました
柔らかい苦痛と共に
心の中のイメージにくちづけをせんばかりに
その後で言ったのです
[ずっとひそやかに]
「邪悪な運命を呪いたい
あのムーア人があなたに与えた運命を」
そして、夢は
盲目の深い昏睡へと移っていったのです

【オテロ】
おお! 恐るべき罪悪!

【イアーゴー】
私はただ夢のことをお話ししただけです

【オテロ】
夢は真実を明かしているのだ

【イアーゴー】
この夢は確証に変えるかも知れません
もうひとつ別の手がかりを

【オテロ】
それは何だ?

【イアーゴー】
ハンカチをご覧になられたことがおありかと
デズデモナ様の手の中に 花の刺繍をした
ベールより薄い生地の?

【オテロ】
それは私が彼女に与えたハンカチだ
初めての愛の約束として

【イアーゴー】
そのハンカチを昨日
(間違いなく)私は見たのです カッシオの手の中に

【オテロ】
ああ!神よ あやつに千の命を与え給え!
ひとつだけでは私の怒りに対して貧し過ぎる餌食なのだ!
イアーゴーよ、私の心は氷となった
慈悲の精霊は私からすっかり消えたのだ!
私のむなしい愛は空に向かって飛び去っていった!
見るがいい、消え去ったのだ
とぐろを巻きながら
毒蛇は私に絡み付く!
ああ!血だ、血だ、血だ!
[彼はひざまずく]
そうだ、私は誓う 大理石の天に!
捻じれた稲妻に!
死に そして暗き、死をもたらす海に!
怒りと恐ろしい衝動で
すぐに 閃光が発せられるであろう
真っ直ぐ差し伸べたこの手より!

【イアーゴー】
[同じように跪いて]
まだ立ち上がらないでください!
太陽が証人です、私が見つめ
私を照らし 活力を与える
広い大地と莫大な大気
この全世界の
オテロ様に捧げましょうぞ この熱い
心を、腕を そして魂を
たとえ残酷な仕事をなすことが
あの方の御意志であろうとも!

【オテロとイアーゴー】
[誓うかのように天に向かって両手を上げる]
そうだ、私は誓う 大理石の天に!
捻じれた稲妻に!
死に そして暗き、死をもたらす海に!
怒りと恐ろしい衝動ですぐに
閃光が発せられよう 真っ直ぐ差し伸べたこの手より!
復讐の神よ!

日本語歌詞引用:「オペラ対訳プロジェクト」



posted by classicfan51 at 08:30| 茨城 ☔| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする